biotope~たわわな暮らし~

biotopee.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

綾部で野草暮らし

京都の綾部にやってきて10日がたちました

若杉友子さんの娘さんである
齊藤典加さんのおうちで

住みながら勉強させてもらっています

ご縁に感謝です


山にかこまれ自然いっぱいの里山で

野草暮らし


家の裏にたくさんのよもぎ かき揚げの具や大福に

群生しているつくしは、蒸して天日に当てて乾燥つくしに

ヨメナは油揚げと煮て土鍋で炊き上がったごはんにまぜる

セリやノビルはあぶらいためなど

あさつきはお味噌汁や醤油漬け

たけのこはワカメと煮たり、高きびとのびると中華風にいためたり


わかめを海でとってきて塩蔵にして保存し、いつでも食卓に


野のものと海のものを合わせると

とってもバランスがいい


お米、雑穀、麦、豆、ごま、野菜をそだて

天の恵みの野草をいただく


醤油や味噌や梅干しも自分のところでとれたもので仕込む

収穫した金ごまをしぼって胡麻油に

もち玄米や玄米や米粉も収穫したお米をひいて、おやつづくりに


買わない暮らし

すばらしいです


この前までウーフが4人いてにぎやかでした

台湾の女の子もきています


私とおなじ日におなじ名古屋から

23歳のまつりちゃんも研修にやってきました

とってもかわいくて妹ができたみたいでうれしい!

すごくしっかりしてるの

去年の夏、ある場所でいちど会っていて

ここでまた再会できてびつくり*

6月にOPEN予定の典加さんのカフェにむけて

いっしょに準備を進めます



野草を摘んだり

やさいの種まきをしたり

ジャガイモ植えたり

種籾をしたり

大豆、ハトムギ、ごまなど選別したり


毎日がしあわせ


そしてごはんがおいしくて

お風呂も気持ちよくて

寝るときもパタンと早く寝てしまう


カラダがつかれると

いろんなことがありがたくて

そして心地よいです


しばらくここで研修させてもらいます

綾部での暮らしをたまにブログでお伝えできたらいいな



いろんなワークショップや教室もあるので

よかったら綾部にあそびにきてね*

きらり上林
a0200436_54611100.jpg

[PR]
by biotopee | 2012-04-26 05:56 | 綾部の暮らし2012 4/1--5/15 | Comments(2)

しばらくのお別れ

わたしが出発する前日に

何ヵ月ぶりの
ふみちゃんに会えてよかった

午前中は幡豆郡にいて

電車で飛んで帰ってきてくれました


初めて甚目寺のおうちに行けてうれしい!


わたしの作っていったごはんたち


たけのこごはんのおむすび(ぶつきまいに醤油だけの味つけで土鍋で炊いた 風味がよくておいしい!)

ヒエと蓮根のハンバーグのサンド(丸パンは酵母で焼く トッコさんのヒエがおいしくてふみちゃんもかんどうしてくれた 味噌をぬったパンに大根葉をいっしょにはさむ)

紫いものマッシュ(蒸してすり鉢でつぶして塩だけ)

菜の花のからし和え

きくいものきんぴら

ワラビのしょうゆ和え(お父さんが今朝、山で採ってきてくれたのをアクぬきして やわらかくて苦味がおいしい)

新わかめのしょうが醤油(血液をさらさらにしてくれます)

にんじんのポタージュ(たまねぎと人参を重ね煮して、すこしの水で煮て、なめらかに。塩だけ)
a0200436_65010.jpg


夕方までゆっくり食べながら

会わなかった間のできごとや

最近のことをおしゃべり


みんな日々ぶつかったり悩んだり

うまくいったりいかなかったり

たくさん考えるけど

ちゃんと道は続いているから


あせらず

五感をとぎすませ

流れにちょこんとのるだけ


わたしはこれまでの人生そうやって生きてきた

みんなに助けられて今のわたしがいます

ありがとう・.∵.・*


夜は陽菜を終えた

えりがうちに来てくれました


旅のはなしや

いろんな報告をしたり

えりのお店のことや

これからのこと


あっというまに夜遅くなっちゃったけど

最後に泣いてくれた

わたしはしあわせものだ


しばらくお別れだけど

綾部に遊びに来てね
[PR]
by biotopee | 2012-04-15 23:57 | ヒビノコト | Comments(4)

HAPPY WEDDING

旅行会社で働いていたときの同期だったよしみんの

結婚式に参列させてもらいました

親族と友だちの少人数の人前式

愛にあふれていたよ


かわいい姪っこちゃんが指輪を届ける
a0200436_6413215.jpg


誓いのキスは、

7月に生まれてくる予定のおなかの子に!

ふたりらしくて、わたしは感激!
a0200436_6403297.jpg


白いクリームだけのケーキに

みんなでフルーツをトッピングしたよ

シアワセいっぱいのふたり
a0200436_6395381.jpg


わたしは動物性がない料理にしてもらえました

やさいのテリーヌきれい

たまねぎのソース
a0200436_6383229.jpg


ほかにも花オクラのフライや

ジャガイモのガレット

シンプルなハーブのパンなど



みんなはウェディングケーキのカットだったけど、

わたしも同じようなのを、たまご、乳製品なしでつくってもらえて

感謝です
a0200436_6374868.jpg


よしみんとしんごくんは引き出物のお菓子を

わたしに!とずっと決めてくれていたそう

うれしいな


のしをして

白いレースのテープを貼って
a0200436_6364939.jpg


酒粕のやさしいスコーンに

桜の花の塩漬け
a0200436_6355259.jpg


ふたりのリクエスト、森のパウンドケーキと
あとはおまかせで


森のパウンドケーキ(アーモンド生地にレーズン、あんず、山葡萄、クルミをたっぷりまぜて。玄米甘酒でふんわり。厚さは5cmくらいにカットしたズッシリ)

酒粕スコーン(桜のピンクがきれい)

紫いものハート

キャロブのおうち

きなこの家族(コウノトリクッキー もうすぐ生まれてきてくれる赤ちゃん たのしみ!)
a0200436_6344597.jpg


大切な日のお菓子を焼かせてもらえて、

式にも参加できて、

式のとちゅうで引き菓子を焼いたヒトと紹介してもらえて

うれしかったです


愛知県から熊本の阿蘇に引っ越すふたり

あそびにいくね!


イツマデモオシアワセニ・.∵.・*

ありがとう
a0200436_6334613.jpg

[PR]
by biotopee | 2012-04-14 23:42 | ヒビノコト | Comments(0)

常滑めぐり

わたしが3月まで働いていた中日ビルのお店に、

常滑の農家さんの無農薬野菜を運んでくれていたおばせくん

が住んでいる常滑に

遊びにいっていきました


おばせくんは25歳の若い男の子で

1月に結婚ほやほや


話していてとても気が合うし

ハッと気づかされることも多い

精神年齢がとても高いなあと思います


12:00に常滑駅で待ち合わせ

金山時やさい味噌をつくって卸している

しのぶちゃんというおばあちゃんの畑へつれていってくれました


そしてヒッピー村みたいなところへ行くと

たくさん人がいた

みんな持ちよりのごはんや

たき火で料理したり

ギター弾いたり歌うたったり

ふしぎな場所

石窯や

コンポストのトイレもあった


わたしもパンから手づくりのサンドイッチを出す

みんなたべてくれておいしいおいしいって

うれしい!


また、いろんなひととつながれてよかった


次に南知多の最南端まで車をどんどん走らせ

ホリスティックファームへ


急にひらけてとっても気持ちがよい場所

海がすぐそこ

ここの気候はギリシャとイタリアに近いそう

だからこんなに洋ハーブが育つ


社長さんにいろいろとハーブの案内をしてもらいながら

ハーブをかじりながら

たくさん摘んでもらいながら

いっしょに歩く

ハーブの博士みたいだった
a0200436_7234615.jpg


畑も連れていってくれた

中が真空のやさい
a0200436_7224621.jpg


のどかな場所
a0200436_7212722.jpg


ホリスティックファームの事務所は元幼稚園をそのままつかっていた

会長、その奥さま、社員のみなさまとハーブティをのんだり

人参のピクルスをつまんだり

人参のポタージュをいただいたり



そこを出るときはすっかり外が暗くなっていた


とても充実して楽しいイチニチでした

わたしが新しい場所に行く前に

おばせくんとまた会えてよかった

こんどは奥さんにも会いたいな!

ブログにかいてくれてうれしいです

ありがとう*・.∵.・*
[PR]
by biotopee | 2012-04-12 23:20 | ヒビノコト | Comments(0)

つながるツナガル

三重県のまなむが

千葉の寺田本家で蔵人をしている健之助さんと会わせてくれました

ちょうど健之助さんの三重旅の途中で


いまは閉店してしまった「月の庭」でスタッフをしていたまなむは

働きにきた健之助さんと出会う


3人で津市のカフェでごはんを食べながらおしゃべり

健之助さんは冬のお酒仕込み以外の時期は

長野県の佐久で農業をやるそう


モネワラシしていたるりちゃんも佐久出身

みんなつながるね、きっと



まなむに分けてもらった酵母でパンを焼いた

ころころかわいい
a0200436_701049.jpg

[PR]
by biotopee | 2012-04-11 23:58 | ヒビノコト | Comments(0)

気のむくままtabi⑩ラマシパン教室

表参道のPURE CAFEにパンを卸されている

北海道のラマシパンさん


今年からブログを知って

ことばの綴りかたがすごく好きで

感覚が似てるなあ と思った


2月にPURE CAFEにパンを買いにいって

パンも大好きになって

つくっているひとに会いたいなーと思っていたら

鎌倉の帰省のときに、

教室をされるのを知り

行ってきました


想い描いてたとおり

いつもにこにこ

キラキラな女性*

パンにふれている手もほんとうにうれしそう
a0200436_14371066.jpg


1次発酵した生地をみんなでどんどん分割して丸める
a0200436_14345079.jpg


ローズマリーとクルミのベーグル
a0200436_14335697.jpg


てんさい糖をすこし入れたお湯でゆで
a0200436_14315072.jpg


パリッと焼き上がり
a0200436_14303988.jpg


しょうがのブリオッシュ


PURE CAFEでこうにゅうしたとき

ブリオッシュがいちばん好きでした

ブリオッシュといっても、卵バター砂糖はつかっていません

フランス語でお坊さんが座っているところという意味

ちょこんと座っているみたい
a0200436_14295416.jpg


しょうがのいいかおり!
a0200436_14283371.jpg


カンパーニュ生地のプチパン
a0200436_1427189.jpg


いい焼きいろ
a0200436_14255977.jpg


大きいカンパーニュ

それぞれ好きなクープをいれて
a0200436_14215471.jpg


おおきく焼きあがる
a0200436_14205027.jpg


こんかい会場になったのは美穂さんのお友だちのおうち

その女性がつくったアーユルヴェーダの食事とともに

いただきました

つながりもできて幸せな日だったな


10日間くらいの旅を終え

名古屋へと帰ります
a0200436_14192357.jpg

[PR]
by biotopee | 2012-04-07 23:38 | タビ | Comments(0)

気のむくままtabi⑨マワリテメクル

名古屋の杁中にあったマクロビオティックの先駆けの店

コンガリカフェが数年前に閉店して

長野へ拠点をうつされ

ナチュラルファクトリーというアイスの工房をもうけ全国におろされていました

そして先日、長野でカフェをオープンされたことを友達に聞き

旅の途中に行ってきました


北長野駅から歩いて1分くらい


明るくてキレイな店内は、

杁中にあったときのカフェとはまるでちがうけど

ここで時代を築いていくんだなあ


この日のお昼ごはんのメインがグリーンカレーで

カレーが苦手と伝えると

お総菜を盛り合わせたのを特別につくっていただいた


米粉のスイーツだけにしたみたいで

ロールケーキや焼き菓子もみんな米粉で


イチゴのロールケーキをいただきました


名古屋からはわたしが初めてのお客さんだって!

来たい子いっぱいいるから

みんな続々といくでしょう


わたしはオープンしてすぐに行けてラッキーデシタ
a0200436_14154772.jpg

[PR]
by biotopee | 2012-04-05 23:17 | タビ | Comments(0)

気のむくままtabi⑧のんびりさおりんちで

ワンデイカフェの次の日の朝

さおりは和菓子屋へ出勤していったので

わたしはベランダのそばで

きのうのヨモギごはんをのんびり食べる

来てくれたみんなのことをひとつひとつ思い出し

ゆっくりかみしめながら


ゼイタクなジカン



大嵐が過ぎ去って

空をぜんぶピカピカに掃除していってくれたみたいな

すっきりとした空


さおりのうちの外には自然がいっぱいいます
a0200436_13115297.jpg


近くのコインランドリーで洗濯して干して

気分がよくなって


そのあと吉祥寺でふらふらしたり

早稲田のつぶつぶカフェにいったり


夕方帰ると、

さおりはもう家に戻っていた


買ったばかりのオーブンを使いたくてしかたがないようで

お菓子の材料を買ってきてくれたので

急きょbiotopeお菓子教室を マンツーマンで


クッキーやスコーンをたくさんつくった


そしてふたりで夜ごはんをつくる

今回の滞在ではじめてふたりでゆっくりとごはんを食べた

ずっとなぜかバタバタしていたから、きのうカフェを終えて

やっとゆっくりできたね

わたしが東京で暮らしているときは、さおりはよくうちに来てくれて

いっしょに夜ごはんをつくって食べていた

ずっといっしょにいたけど

しゃべることがどんどんあふれる


ほんとうに、相性がいいなあと思います

わたしといっしょにいてくれるさおりに感謝*


土鍋で玄米を炊いて

愛知県の農家さんの菊芋でキンピラ、

あおさのふりかけをつくり

柴ちゃんにもらったおいしいがんもどきを素焼きして

醤油をチョロリ

寺田本家の酒粕も素焼きにしたらチーズみたい

さおりが土鍋でお味噌汁を作ってくれて

いただきまーす!

のんびり豊かなジカン


次の日の早朝、

自転車二人乗りで吉祥寺におくってもらい

わかれをつげて

わたしは長野に向かいました
a0200436_13103989.jpg

[PR]
by biotopee | 2012-04-04 23:16 | タビ | Comments(0)

気のむくままtabi⑦祭 et biotope 4/3

さおりは中野のウナカメラリーベラで

隔週の火曜日に

まんじゅうカフェ「祭」を営業しています

わたしの旅の途中でにその日がちょうど重なっていて

biotopeのごはんを出させてもらえました


この日はなんと大嵐・大雨・竜巻の日!

去年おかっぱ市

さおり、えぼこと3人でやったときも

台風だった

お客さんのさやかちゃんに「あっちゃん、嵐を呼ぶ女だなぁ!」といわれ

なんだかうれしい笑


メディアとはなれて暮らすわたしたち2人は

そんな天気になるとは知らず

のんきにジュンビをすすめていました


きのう摘んだ野草たちを

お客さまにそのままのカタチを見てもらいたくて

標本みたいに並べた


左から

のびる、ノカンゾウ、せり、野生の菜花

写真にはないけどヨモギ
a0200436_1374972.jpg



12:00のオープンを待たずに

次から次へとお客さんが来てくれました


西荻のbiotopeに通ってくださっていたお客さんや

ずっとbiotopeのブログを見てくださっていてハジメマシテのかたや

「祭」のおきゃくさんや

前もって予約してくださっていたかたや

スウェーデンからのおきゃくさんも!


なんだかいろんなひとがたくさんかけつけてくれて

みんながここでおしゃべりしたり、つながったり、

同窓会のような

気持ちのいい温泉につかっているような

ずっとそんなうれしい気分デシタ


夕方くらいから雲行きがあやしくなって

天気がどんどんとおかしくなって

大荒れに


夜の予約のお客さま、きょうはもう来れないだろうなー

と思っていたら

予約の時間よりも早く来てくださって

なんと台風でJRがとまるから、早く会社をあがれたんだって


そんな日は一秒でも早くおうちに帰りたいとふつうだったら思うのに、

みなさん会社が早く終わったぶん早くカフェに来てくれて

窓の外は大嵐のなか

ずっと祭et biotopeの空間にいて

のんびりとした時間を過ごしてくれました


ほんとうに感激!


けっきょく22時くらいまでゆっくりみんなでかこんで

おしゃべりして笑ったり、ごはんを食べたり、

たわいもない感じが

マーマー座談会みたいだったなあ笑



わたしとさおりもきょう初めてやっと座って

お客さんといっしょにごはんを食べることができた



夜にゆっくりと写真を撮れた

biotopeの野草プレート


〇切り干し大根のお味噌汁 菜の花だんご入り(切り干し大根と昆布を煮て出汁がでたら、トッコさんの発芽玄米みそをすり鉢にあてて注ぐ。野生の菜の花はゆでてアクをとりきざんで、白玉粉と上新粉といっしょに練って丸めてゆでたのを、お味噌汁に浮かべて。きざんだノカンゾウを薬味に)

〇ヨモギごはん えごま塩(ヨモギを塩湯でして水につけておく。よく絞ってアクを抜いたら、きざんで、土鍋で炊いた愛知県の黒田農園さんのぶつき米が炊けたところへ合わせる。トッコさんのえごまを軽く炒って、手でつぶしながらパラリ) 
a0200436_1363673.jpg


〇ヒエと蓮根のハンバーグ(トッコさんのヒエを土鍋で炊いて、ウォーターソテーしたみじんぎり玉ねぎと人参、地粉、塩をあわせて丸め、菜種油で焼いた)

人参ソース 菊芋チップ添え(名古屋から持っていったゾンネガルテンのたまねぎ、人参を重ね煮してすこし水を足して煮て、ミキサーで滑らかに。塩だけでデザートみたいにすごくあまかった。菊芋はうすく切って、こんがり素揚げ)

右まわりに

〇ノカンゾウとのびるの酢味噌のっけ(麦味噌と煮きり玄米酢をすり鉢で合わせた)

〇のびるのごま油いため

〇あおさのムチ(若杉ばあちゃんに教わったもの。ごはんがすすむくん)

〇せりの白和え(きのう柴ちゃんにおいしいトウフをもらったので。味付けは塩としょうゆ。じゅうぶんおいしい。せりの苦味がおいしくて丼にしてたくさん食べたいくらいだった)

〇野生の菜花のからし和え(粉からしを練って醤油とあわせる)

〇野草の油みそ(ノカンゾウとノビルそれぞれ生をきざんで、鉄のフライパンで胡麻油で炒める。右回転で。2種類のみそをいれてやさしく練る。これもごはんがすすむくん)
a0200436_1353139.jpg


生のヨモギを煮出したお茶を、夜のお客さまとshareしました

ヨモギは霊草

血液をキレイにしてくれるのでどんどん飲みたいな


さおりのまんじゅうも大人気!

しょうがまんじゅう(愛知県の金時生姜を使ってくれた)

よもぎまんじゅう(摘んだヨモギをアクぬきして、すり鉢でついたのを生地にいれた)

みそまんじゅう(去年ふたりで仕込んだ小豆みそを生地に混ぜこんで)

小豆はトッコさんの小豆を土鍋で煮てくれました

どれもおいしかった!また食べたくなってきたー!


すっかり嵐もおさまって

みんな22時くらいにおわかれをしました

会いに来てくれたのがすごく伝わってきて、

別れるのがなごりおしいかんじ

ほんとうにうれしい


さおりといろんなドラマがあったのを話しながら片付けて

23時過ぎに店を出る


深夜までやっている銭湯へ行くために吉祥寺へ

ここも昔ながらの銭湯

東京ってけっこう多いみたい
a0200436_1333478.jpg


番台のおばあちゃんがかわいすぎて

ずっと見ていた

腰がすごく曲がっていて

歩くのがたいへんそう ちょっと心配になる


からだもこころもポカポカになって

さおりと深夜の東京を

じてんしゃで2人乗りして帰る


古閑さんがブログにうれしいことをかいてくださいました ありがとうございます*

さおりもぶろぐに書いてくれた



足を運んでくれたみなさま

至らない点も多くてごめんなさい

ほんとうにありがとうございました・.・∵・*


またいつかやれたらいいな
[PR]
by biotopee | 2012-04-04 02:07 | イベント | Comments(0)

気のむくままtabi⑥ju-tou

柴ちゃんのお父さんとお母さんにお別れをし、

車で堤 京霞さんのお店に向かいました

堤さんは、吉祥寺のオーガニックベースで講師をされていて

茨城県のご実家でついにマクロビオティックのお店ju-touをオープンされました


とてもすてきな空間
a0200436_91150100.jpg


光いっぱいの店内
a0200436_9104098.jpg


a0200436_961385.jpg


食前のドリンク
a0200436_95720.jpg


三年番茶とお手拭
a0200436_94357.jpg


a0200436_924096.jpg


スープがすきとおっていてキレイ

菜の花とわかめがうつくしい

にんじんのちょうちょ
a0200436_913947.jpg


a0200436_903218.jpg


スイーツはひとつづつとって

みんなでわけっこ
a0200436_8592942.jpg

a0200436_858276.jpg
a0200436_8572292.jpg

a0200436_8554035.jpg


器がどれもすてき!

内装も、置いてあるものも、

どれもこだわりで選ばれたもの

堤ワールドぜんかいでした


オープンしたてだけど、もう常連のおきゃくさまがたくさんいらっしゃるそう

おいしいごはん、おしゃべり

ありがとうございました



ゆっくりとした時間を過ごし

もうすっかり夕方になってしまった

柴ちゃんに取手駅へおくってもらい、お土産もたくさんいただき、野草もたくさん手にして

お別れをした


東京へ戻り、

わたしは表参道へ

さおりはいったん家に帰り、夜は中野のウナカメミーティング


ひとり、さおりの家にもどり、野草のごみ分けと洗うことを夜中までつづける

でも生き生きしてすごいパワーをもらった

どんどん元気になっていく

明日のワンデイカフェは野草ごはんです

タノシミ!
[PR]
by biotopee | 2012-04-02 23:12 | タビ | Comments(0)