biotope~たわわな暮らし~

biotopee.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

タルトタタン

近所のおじいちゃんにりんごをもらったので、

tarte titinを焼きました


タルトタタンのおはなし

フランスのちいさな街でタタン姉妹が小さなホテルを経営していました

ある時、りんごのタルトを作っていて、焼く時にうっかりタルト生地を敷くのを忘れてしまいます

型の中にりんご、砂糖、バターだけを入れて焼いてしまい、仕方なく途中で上から生地をかぶせてみたら、

意外にも、底にたまったお砂糖がキャラメル状になって、なんとも香ばしいすてきな味になっていたのです

それ以来、このお菓子はそのように焼くようになり、タタン姉妹のタルトということで、

タルト・タタンと呼ばれるようになりました

セジョリなケーキは、シッパイから生まれたのです!


マクロビオティックをはじめるまえは

りんごの時期に

フランス菓子のタルトタタンをやいていました


今は、卵バター砂糖なしの

biotopeタルトタタン


おおきなりんご6こぶんをマスタークックにつめて

すこしだけ水をそそぎ火にかけ

ふつふつしたら塩をすこしふり

ふたをしめて蒸し煮します(閉まらないのでりんごの上にのせて)

だんだんとかさが減ってふたがしまっていきます
a0200436_11221265.jpg


呼び水だけで、りんごからジュースがたくさんでてきた

うん、とってもあまい!

砂糖でキャラメルみたいに固めるかわりに

葛粉でとろみをつけます
a0200436_11211384.jpg


パリの蚤の市で買ったマンケ型に

6こぶんの煮りんごを隙間なく詰めて

上からクッキー生地をかぶせる

地粉、全粒粉、菜種油、りんごを煮た汁、塩

まあるくのばして、フォークで穴をあけ(ピケ)

りんごにかぶせて、そおっとオーブンへ


あら熱がとれたら、冷蔵庫にいれ一晩かためます
a0200436_11201483.jpg


次のヒひっくりかえして

こんにちは

お砂糖つかってないから焼き色はうすいけど
a0200436_1118827.jpg


おいしそうー!
a0200436_11171255.jpg


いただきまーす!
a0200436_11161721.jpg

[PR]
by biotopee | 2011-11-27 14:16 | ヒビノコト | Comments(5)

おべんとう

きょうはきのうと変わって

名古屋は快晴デシタ


雲ひとつない空より

雲がある青い空がすきです


気分を変えてお弁当つくって

公園で食べました


すっかり木の葉っぱが

赤かったり、

はだかだったり、


土鍋の玄米焼きおにぎり

小豆かぼちゃ昆布

ひじきれんこん

うちの畑の大根の間引き菜(蒸し)

自家製梅干し(3年目のもの)

たくあん

曲げわっぱに詰めて


風は強かったけど、

陽射しはあたたかくきもちいい


ふと、まわりをみると

ほかにもOLさんとかおばあちゃんが

お弁当たべていてうれしくなる


これからも時々こうして来よう
a0200436_22544076.jpg


食べおわったら落ちてきた

冬の知らせ
a0200436_22535039.jpg

[PR]
by biotopee | 2011-11-24 22:55 | ヒビノコト | Comments(0)

マクロビオティック

お味噌汁をおだやかなきもちでつくる

すっと背筋がのび、

野菜と向き合うここちのよい時間


昆布、干し椎茸、自家製切り干し大根のトリプル出汁

野菜は陰性なものから順に浮かべていきます

陰性な野菜は上にのび、陽性な野菜は下へ向かうので

土鍋のなかで混じりあいます


ふつふつとわいてきたら弱火にし

気長に煮ます(わたしは野菜の陰性をとばすために、ふたはあけたまま)


野菜がやわらかくなったか、も大事だけど

わたしは汁をのみます


汁に野菜の甘味を感じたら◎◎


味噌をすり鉢にあて

すこしづつ溶きいれます


このひとてまが大切

味噌の粒子をこまかくすることで

最小限の味噌で

最大限のうまみを引き出します


ていねいにつくると

ほんとうに変わってきます
a0200436_1948899.jpg


わたしが読んでいるブログのひとつ奥津典子さん

わたしが常々思っていることを文章にしていて

いつも、そうそう!と思います

典子先生に1年間教わったことは、いまでも自分の糧になっています



もうひとつ札幌市の知恵の木のブログ

久司先生のことをかいています

わたしも先生に教わって

おなじきもちです

ぜひよんでみてくださいね
[PR]
by biotopee | 2011-11-24 09:14 | ヒビノコト | Comments(0)

さんぽ

リハビリのために、家の前の堤防を

さんぽにでかけました

歩幅は10cmくらいでゆっくりだけど

ひさしぶりの外はきもちよかったです


わたしが入院する前と今とでは、

空気や風や空や木々や草や音が

こんなにちがうなんて


まるで浦島太郎の気分です


すれちがうおじいちゃんおばあちゃんに「こんにちは」とあいさつしたり

猫とたわむれたり

どこかの家の軒先に柿が干してあったり


立ち止まっては空を仰いだりして

ゆっくりと歩きました


空がぐっと低くなって

おひさまが自分に近いのを感じながら


近所の図書館で本を借りてきました

わたしは大学生のときから図書館でよく本をかりています

多いときは12冊くらい


のんびり、ぽかぽかなおひさまに当たっていると

この幸せなジカンがずっとつづけばいいのに

苦しんだり悲しんだりする人が

もういなくなればいいのに

とおもったら

涙がでてきました


自然災害が多い今年はほんとうに色々と考えました


1月に東京でbiotopeをオープンして

毎日楽しく焼いていたら

地震がおき

クッキーがたくさん床に落ちてわれていき

その後も度重なる地震

2ヶ月くらいすると全身に人生で初めてじんましんができ

1ヶ月くらい治らず

すこしお休みして

旅をしながらケーキを予約販売にする

8月いっぱいでbiotopeを閉店して

名古屋へ引っ越し

名古屋駅を歩いていたらネジを踏む

菌で骨が溶けて手術、入院


わたしもいろいろありました


いま生かされていることが、

どれほどありがたいことなのか

自分はどういう使命があるのか


ことばだけじゃなく

こころでかんじる


この先はわからない

あしたもわからない

だからこそ

いちにちイチニチを

ていねいに生きよう

目の前のことをたいせつにしよう

まわりのひとにやさしくしよう


と思います



ひかりの差し込む角度が冬だなぁ

左下の三角コーンがかわいい
a0200436_8592719.jpg


天にむかって風にゆれる背のたかい人たち
a0200436_8583178.jpg

[PR]
by biotopee | 2011-11-23 09:51 | ヒビノコト | Comments(2)

おたんじょうびケーキ

いつも仲良くしてもらっている大好きな夫婦の

愛娘、ゆなちゃんが

1さいのおたんじょうび!

前日のきのう、届けにいきました


サプライズよろこんでもらえてよかった*


玄米粉の生地を蒸して

おとうふに米あめとポンセンをすり鉢でまぜたクリームでデコレーション


さつまいもは蒸してすりばちでマッシュしただけ

りんごは煮ただけ(塩は5つぶくらい)

ゾンネのりんごもさつまいもも、おいしい~!


油も砂糖も小麦も使わず(塩も数粒だけ)

オーブンもフードプロセッサーも使わず、


なるべく、身体におだやかなケーキを


ゆなちゃんもすこしだけ食べれるといいな


箱あけたら、目をまんまる、ぱちくり

見つめていたゆなちゃん


その姿に癒されました

オメデトウ!!

ゆなちゃん、たくさん遊んでくれてありがとうね

また遊んでね
a0200436_1923570.jpg
a0200436_19222100.jpg

[PR]
by biotopee | 2011-11-22 08:55 | ヒビノコト | Comments(0)

ほほえみ大根

オアシス21で毎週土曜にひらかれている

オーガニック朝市


おかあさんが買い物へ



顔が書いてあったそう

オチャメなおじちゃん農家さん ふふ
a0200436_17505263.jpg

[PR]
by biotopee | 2011-11-19 17:58 | ヒビノコト | Comments(0)

切り干し大根

ゾンネの切り干し大根がおいしすぎます

うちの棚で欠かさず、出番を待っています


片足立ちでお料理


大好きなマスタークックで

たまねぎ、だいこん、高野どうふ、切り干し大根、にんじんを

順に重ね、

切り干し大根の戻し汁を入れ

ふたをして15分ほど煮ます


やわらかくなったら、醤油をまわし入れ

ふたをして5分くらい煮る


そしてここではじめて天地をひっくりかえし(ふわっとかえすだけ)

水分がおおければ、ふたをあけたまま煮とばします


火からおろして、刻んだ人参葉をそっとまぜるの

色変わらないようにね


なにか散らすものって大事

大根葉でも、ねぎでも、パセリでも

夏なら大葉やみょうがもいいね

お味噌汁やスープにも大切


薬味を散らすって、

あまり重要におもわないけど

ほんとうは大事なさぎょう!

こころをふわっとほぐすの



わあああ

しょうゆだけなのに

切り干し大根の

デザートみたいなあまさに

うっとりします
a0200436_1414717.jpg

[PR]
by biotopee | 2011-11-17 14:02 | ヒビノコト | Comments(0)

木村さんのことば

この前の納々屋オーナー木村さんが

書いてくれていたコトバ


かなちゃんが

文章を

メールで送ってくれました

=====

biotopeの
お菓子は特別です。何が
特別かといえば、材料がよいこと。
米あめを使っているので、甘さはごくごく
控えめに。そして あと口がよいこと。
あと口のよいお菓子というものは
めったに出会えませんから、やっぱりbiotope
はすごいのです。

=======

木村さん忙しいなか、

かごのなかでクッキーみんなが居心地よいか

何度も見てたよ!


って

うれしいな
[PR]
by biotopee | 2011-11-17 14:01 | 納々屋さんへ発送 | Comments(0)

日々のごはん と 大根干葉

退院してからも、陽性の食事にしています


土鍋で炊いた玄米焼きおにぎり

根菜たっぷりお味噌汁

小豆かぼちゃ

きんぴら

筑前煮

鉄火味噌

自家製ごま塩

たくあん

梅醤番茶

など、


砂糖や果物、生野菜はとっていません(たまにりんごを数切れ)

水も飲んでいない


抗生剤は番茶で飲む

口をうるおすくらいの量


それでも身体から出てくるお便りは、まだまだ陰性です

薬はどれだけ陰性なのだー!と

実感しています


いつもじぶんの身体で日々実験です

オモシロイ! ふふ




大根たくさんもらいました

梅を干すのにつかう大っきなザルに

元気のいい大根葉を

広げました

干葉にすると保存がきく


細かくして炒ってふりかけつくってもいいし

煮出して腰湯にすると女性は特にいいです


ひなたぼっこ きもちよさそう
a0200436_8305591.jpg

[PR]
by biotopee | 2011-11-17 08:33 | ヒビノコト | Comments(0)

退院しました

きのうの朝採血して、だいぶ炎症の数値が下がっていました。

お医者さんに抜糸してもらい、夕方の点滴が終わって、

退院させてもらえました


手術して10日目の退院 わお


しばらく通院ですが、

点滴や夜中眠れない生活から解放されるのは

うれしいです


点滴の代わりに、毎食後に抗生剤の内服を飲みます


これから松葉杖の生活ですが、

ゆっくりリハビリしていきます


今年中には歩けるといいな


みなさま

ご心配メールやお電話、お手紙、お見舞い

ありがとうございます

うれしいです



いつも週末に、

納々屋に買い物へいくかなさん

お菓子のそばに、

納々屋オーナー木村さんが書いてくださった

ことばを写真で送ってくださいました


知らなかったので、うれしい!

愛を感じます

ありがとうございます
a0200436_12282685.jpg

[PR]
by biotopee | 2011-11-15 12:32 | ヒビノコト | Comments(0)