biotope~たわわな暮らし~

biotopee.exblog.jp
ブログトップ

兵庫のtabi③

niufarmを出たあと

和田山のアース農場へむかいました


同じ兵庫県内でも南から北まで縦断するので

5時間くらいかかりました


アース農場は縄文百姓をされています

旦那の大森さんは70歳くらい

この過疎の集落で

ひとりで子供を6人育てました


ここに着いた瞬間

あれ?なんか見たことある

と思ったら、

なんと13年前のテレビの特番で

取材され放映されたそう


そのとき私は中学生くらいで

自給自足とかお百姓とか

そんなの全然興味がなかったとおもうけど


その番組でこどもたちが手で田植えをしたり

小さな女の子が素手でにわとりをさばき

食べている映像は


幼いながらとても印象的でした


だからずっと頭のどこかにあったのかな


まさかそのときテレビで見た場所に

今こうやって訪れているなんて

人生って本当におもしろい

a0200436_11491145.jpg


娘さんが週一回営業しているパン屋

くらむぼん


この日は娘さんはいなくてお話しできなかったけど

大森さんにパン焼き窯を見せてもらいました

いいなあ!

さとしくんとよく観察

うちにもつくりたいね、パン屋やりたいね、と

わくわく
a0200436_1145176.jpg


鳥さんも飼っています
a0200436_11435831.jpg


ヤギさんも


草をたくさんあげました

むしゃむしゃよく食べる
a0200436_11394283.jpg


a0200436_11381391.jpg


アース農場では食べ物だけでなく

エネルギーもなるべく自給していました

近くを流れる川の水の勢いで

水力発電
a0200436_1136845.jpg


じぶんたちの糞をためて

ガスを発生させ

ガス(火)として
a0200436_11331274.jpg


a0200436_1130368.jpg


a0200436_11224027.jpg


お風呂は薪の

五右衛門風呂
a0200436_11153072.jpg


大森さんのお話もとてもおもしろく勉強になった

すべてのエネルギーを自給するのは大変だけど

できることからすこしづつ

やっていきたいなと思いました


2泊3日のtabiはとても濃かった

たくさんの人に出会いおしゃべりした3日間

みんなにもらったヒントを白川町に持ち帰って

すこしづつ暮らしにとりいれていこうと思います
[PR]
by biotopee | 2012-12-30 11:50 | タビ | Comments(0)